おすすめラノベ紹介

ライトノベル担当者がおすすめの作品をご紹介します!
「天鏡のアルデラミン」「聖剣の姫と神盟騎士団」など


おすすめラノベ紹介

► その他のおすすめ作品を見る

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

のちに世界を変える少年の壮大な物語

知略にすぐれた少年がなまけるために戦い、名将と呼ばれるまでにのぼり詰める壮大で骨太な軍記物語。

2014年このライトノベルがすごい!2位を射止めた話題のライトノベルです。

重すぎるシナリオと、卓越した設定、背後に隠されたなぞをはらんだ展開が魅力。

あらすじ

なまけ者の少年が世界を変える。

熱帯気候のカトヴァーナ帝国は隣国キオカ共和国と戦争をしていた。

帝立高等学校を卒業したイクタとヤトリは、エリート軍人になるべく高等士官試験を受けるために、船で会場へとむかっていた。

船室で出会った3人と交流を深めていたイクタたちだったが、船が暗礁に衝突し沈んでしまう。救命ボートに乗り込んだイクタたちは、海に転落した幼い少女を助け、陸地へと漂着する。

しかし流れ着いた先は、敵地キオカ共和国の領土だった。さらに助けた幼い少女が帝国の第三皇女だと知る。キオカの脅威が迫るなか、イクタたちは無事に帝国へと戻れるのか――。

知略と謀略を使った戦いの火ぶたが切って落とされる。

人々は精霊をしたがえています。光をあやつる精霊、火精霊、風精霊、水精霊が人々に力を貸しています。

なまけ者だけど頭のキレるイクタが数々の困難を前に、知恵を振り絞って戦う物語です。

戦争はきれいごとではありません。多くの血が流れ、昨日まで言葉を交わしていた仲間も死にます。シリアスなストーリーです。

北の空に輝く星、アルデラミンを見上げて、物語の世界へ引きこまれてください。

ジャンル

著者宇野朴人

イラスト:さんば挿

出版電撃文庫

2012年6月から刊行

2014年このラノ!2位

アルデラミン=王の右腕

属性:すけこまし 科学的

聖剣の姫と神盟騎士団(アルデバラン)

まったく主人公らしくない主人公!

なりゆきから最強の傭兵集団の軍師になった主人公の王道ファンタジー戦記。

ずるくて負け犬で、普通のラノベなら冒頭に出てきて退治される野盗くらいに弱い主人公です。まったく主人公らしくありません。

そんな小悪党な主人公と、ちょっと天然だけど正義感あふれるヒロインの掛け合いが魅力です。

あらすじ

圧倒的な力でカーラーン国の侵攻を防いできた聖剣団。しかしいま、苦境に立たされていた。

カーラーン国でいっぱしの傭兵をつとめるダークは、今回もラグナの谷侵攻作戦に参加し、敗走した。またしても聖剣団に負けたのだった。

聖剣団を統率するグラジス団長は、黒魔術師に不覚をとり、魂を抜き取られてしまう。もともと団長を中心にまとまっていた聖剣団は事実上の解散へと追い込まれる。

これを好機とカーラーン国はラグナの谷を攻めるが、聖剣団団長の娘フィーネがからくも阻止する。

フィーネに打ち負かされたダークは、フィーネに脅迫される形で聖剣団に加わることになってしまい……。

ずる賢い小悪党が繰り広げる王道ファンタジー、開幕。

「勝てない戦いはしない」を信条に、はったりを使って聖剣団を勝利にみちびく主人公です。自分はいつか英雄になるんだ、と信じていたりしますが、そんな資質は絶対にありません。

不利な状況をどのように有利にするのか。聖剣の姫と力をあわせて、しぶしぶ戦うダークの活躍にご期待ください。

冬の空に燦然と輝く赤い星、アルデバランを仰ぎ見ながら、聖剣団の戦いに思いをはせてください。

ジャンル

著者杉原智則

イラスト:Nidy-2D-

出版角川スニーカー文庫

2013年4月から刊行

アルデバラン=あとに続く人

会話かみ合わない系ヒロイン

属性:小悪党 天然 腐女子

温泉ドラゴン王国〜ユの国よいとこ、一度はおいで〜

馬が○○に!? ※温泉の効能です。

田舎の国を救うため、名物の温泉でお客を呼び込もう! ドラゴンも大満足の秘湯ファンタジー!

温泉、好きですか? このラノベはすべてがサービス回のような内容です。貧しい国の再建、温泉旅館の経営、女の子といっしょに混浴!

お風呂好き必読のラノベです。

あらすじ

ユ国は財政難であえいでいた。ユ国の王子アリマは露天風呂につかりながら、観光客を国に呼びこむ方法を考えていた。

姉のユフィはドラゴンを生け捕りにするため活火山へ旅立ってしまう。

ある日、丸メガネにぼさぼさの髪の少女がユ国をたずねてやってきた。ハナと名乗った彼女は、大国「帝国」からやってきた研究員だと話す。

「私に、温泉を調べさせてくださいっ!」と国王に言ったハナは、アリマとともに温泉の調査をはじめる。ユ国の温泉には200以上種類があり、それぞれが特別な効能を持っているという。

「魔法です! 温泉には魔法の力が宿っているのです!」

そんなおり、山へ出かけていたユフィがドラゴンの炎に全身を焼かれ瀕死の重傷をおってしまう。ハナは温泉の力でやけどを治せると言うが……?

温泉が国の未来を変える!

温泉の効能は、嘘がつけなくなる温泉や猫耳がはえる温泉、とにかくなんでもありです。このなんでも許容した温泉が、物語に笑いと深みを与えています。

女の子といっしょにお風呂に入るシチュエーションが好きすぎてどうしようもないあなたにおすすめ!

ジャンル

著者山川進

イラスト:児玉酉

出版オーバーラップ文庫

2013年5月から刊行

ドラゴンの擬人化

変態な姉と無口な妹

属性:湯けむりで見えない!

獅子は働かず 聖女は赤く

竜と戦う王道ファンタジー。ただし主人公はニート!

いろいろな理由をつけて働かないうえに、同居の幼女を働かせて世話をやいてもらっている駄目主人公!?

キャラクターの愛らしさと、謎が気になる展開が魅力のファンタジーラノベです。

「やっぱり……あの人、今日もわたしのこと見てます」と特徴的な文章からはじまり、思い込みの激しいヒロインが暴走するところから、物語は幕をあけます。

あらすじ

正統ガルダ帝国全土を巻き込んだ内乱、禍竜戦争は、赤い聖女の処刑によって平和を取り戻した。

長い赤い髪の少女アンナは、教会のお手伝い中、自分を見つめる視線に気がつく。その男を追いかけてみると……妹のような幼女に夕飯をつくらせ、ごろごろして働きもしない怠惰な青年ユリウスがいた。

ユリウスをなんとか働かせようと(包丁を持って)叱りつけるアンナに、なかば脅されたユリウスはしぶしぶ仕事をすることに。

しだいに、ユリウスと禍竜戦争の魔女との宿命が明らかになっていく――。

ドタバタコメディかと思いきや、物語が意外な方向へと転がり出すタイプのラノベです。このドタバタパートがとにかくおもしろいのが特徴です。軽く読めるギャグ部分とじっくり読ませるシリアス部分のバランスが絶妙な快作です。

イラストはご存知、ぽんかんGさん。「俺ガイル」では腐った目の主人公を描いていますが、このラノベの主人公もかなりの駄目主人公です。

あまり目立たないタイプのラノベなのですが、かなりの名作です。まずは第1巻を読んでみてください。

ジャンル

著者八薙玉造

イラスト:ぽんかんG

出版スーパーダッシュ文庫

2011年6月から刊行

略称は「ししはた」

人の話聞かない系ヒロイン

属性:暴走ヒロイン 年上の幼女