森博嗣特集

森博嗣特集

鉄道・自動車など多趣味なことでも知られる森博嗣。そんな彼の小説、エッセイなど多岐にわたる作品をご紹介します。

シリーズ作品

主人公の犀川創平と西之園萌絵のファーストネームから名前がつけられたシリーズ。「理系ミステリィ」と称され、理系の専門用語や登場人物の軽快さが設定を引き立てる、新感覚の推理小説。

探偵役・瀬在丸紅子が、持ち前の頭脳で事件を完璧に解決していく。作品ごとに繋がりがあるため、順番に読んでいくといい。個性的な登場人物ばかりで、そんな彼らのやり取りも見もの。

人間離れした頭脳を持つ天才科学者・真賀田四季が主役のシリーズで、彼女の幼少時代を描いた作品。S&Mシリーズ、Vシリーズとも繋がりがあり、両シリーズを読んだあとに読むのがおすすめ。

S&Mシリーズに登場した萌絵と、その後輩である加部谷、山吹、海月らが事件に巻き込まれ、推理・解決していく。事件解決はもちろん、いままでのシリーズに登場した人物の成長も見どころのひとつ。

S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズの番外編。美術品鑑定と探偵業をおこなう会社の従業員が探偵役となり事件に立ち向かっていく。軽快なテンポで進み、比較的読みやすいシリーズとなっている。

戦闘機のパイロットである子供たちが主人公の物語。戦争などの背景がありながら、それには触れることなく淡々とした日常が描かれている。物語の時系列的には「ナ・バ・テア」が第1巻とされる。

N大学工学部建築学科助教授・水柿小次郎の周囲にはいつでもミステリィが! 森博嗣の言葉遊びやユーモアの詰まった1冊。限りなくフィクション? つい笑ってしまうこと間違いなしの作品。

『ZOKU』『ZOKUDAM』『ZOKURANGER』の3冊からなるシリーズ。登場人物や設定に共通の部分があるが、1作ずつ別の物語である。読むとウキウキしてくる連作ミステリィ短編集。

エンジニアリング・ライターのサエバ・ミチルと、パートナーのロイディが異国へ取材に訪れ、事件に巻き込まれていく。他シリーズとの関わりが示されているが、森博嗣初心者でも読みやすいシリーズとなっている。

師匠であるカシュウの死によって、山を離れ旅に出ることになったゼン。剣しか知らないゼンは、さまざまな人と出会い、「死とは?」「強さとは?」と自分自身に問いつづけ答えを探す。

人間と、「百年シリーズ」に登場した人工細胞でつくられた生命体ウォーカロンが共存する世界。両者には限りなく差がないが、その判別方法を研究するハギリ博士は追われることに……。

Wシリーズの続編。軍に開発された特殊兵器であるデミアンは、廃棄を恐れて逃走していた。彼はロイディというウォーカロンの行方を追っていて――。人間同様の外見と知性を持つウォーカロンは何を求めるのか。

長編小説

短編集

エッセイ

「WEBダ・ヴィンチ」で連載していた同名作品が単行本化。座談会形式のエッセイ集。

森博嗣のブログ日記を文庫化。作家の日常とは?独特な発想やジョーク満載の一冊。

森博嗣が、人生のためになる100のアドバイスをくれる!森博嗣の思考や発想に触れることのできるシリーズ。

100個のつぶやきと、それに対する解説。最後に書かれた嗣永桃子さんの解説もぜひ読んでほしい1冊。

1996年から2001年までのウェブ日記を本にした日記シリーズ。

雑誌のような構成をしたエッセイ集。読者からの質問に答えたり時事ネタを盛り込んだりと一風変わったつくりになっている。

日常の出来事や趣味の話などがつづられたブログ「店主の雑駁」の内容が収録された本。氏の鋭い考察にハッとさせられる。

指南本

児童書・詩集・写真集・ノベライズ

関連特集

古今東西ぜったいおもしろい!極上ミステリ小説30選! 作家別人気作BEST5 この作家はこれから読め!人気作家30選 古今東西ぜったいおもしろい!極上ミステリー小説30選