2018年ライトノベル年間ランキング & 10大ニュース

気になる総合ランキングは?
ブックオフオンラインのラノベ年間ランキング

ライトノベル総合ランキング

川原礫
abec
電撃文庫
西尾維新
VOFAN
講談社BOX
丸山くがね
so-bin
エンターブレイン
渡航
ぽんかん(8)
ガガガ文庫
佐島勤
石田可奈
電撃文庫
榎宮祐
榎宮祐
MF文庫J
長月達平
大塚真一郎
MF文庫J
秋山瑞人
駒都えーじ
電撃文庫
賀東招二
四季童子
富士見ファンタジア文庫
暁なつめ
三嶋くろね
角川スニーカー文庫
加納新太
田中将賀
角川スニーカー文庫
朝霧カフカ
春河35
角川ビーンズ文庫
鎌池和馬
はいむらきよたか
電撃文庫
雪乃紗衣
由羅カイリ
角川ビーンズ文庫
衣笠彰梧
トモセシュンサク
MF文庫J
虚淵玄
武内崇
星海社文庫
じん(自然の敵P)
しづ
KCG文庫
安里アサト
しらび、I-IV
電撃文庫
蝸牛くも
神奈月昇
GA文庫
時雨沢恵一
黒星紅白
電撃文庫
支倉凍砂
文倉十
電撃文庫
鎌池和馬
はいむらきよたか
電撃文庫
伏見つかさ
かんざきひろ
電撃文庫
和ヶ原聡司
029
電撃文庫
伏瀬
みっつばー
GCノベルズ
賀東招二
四季童子
富士見ファンタジア文庫
丸戸史明
深崎暮人
富士見ファンタジア文庫
平坂読
カントク
ガガガ文庫

2018年のランキングをお伝えします。アニメ化していないのが『86―エイティシックス―』のみという手堅い順位となりました。テレビアニメ放送『SAO』『オーバーロード』、完結巻が予告されている『俺ガイル』、Web小説サイトで無料公開され話題となった『イリヤの空、UFOの夏』が8位にランクイン。総合ランキングでは、アニメ放送後にも人気が衰えずに、メディア展開がおこなわれているライトノベルが長くファンに愛されていることが見て取れます。

※2018年1月1日から10月31日までの売上データをもとに作成

女性向けライトノベルランキング

朝霧カフカ
春河35
角川ビーンズ文庫
雪乃紗衣
由羅カイリ
角川ビーンズ文庫
藤谷燈子
ヤマコ
角川ビーンズ文庫
三川みり
凪かすみ
角川ビーンズ文庫
小野不由美
山田章博
講談社X文庫ホワイトハート
今野緒雪
ひびき玲音
コバルト文庫
石田リンネ
起家一子
ビーズログ文庫
有栖川有栖
麻々原絵里依
角川ビーンズ文庫
結城光流
あさぎ桜、伊東七つ生
角川ビーンズ文庫
ぷにちゃん
成瀬あけの
ビーズログ文庫
汐邑雛
武村ゆみこ
ビーズログ文庫
石田リンネ
Izumi
ビーズログ文庫
桑原水菜
東城和美 ほか
コバルト文庫
牧原のどか
hi8mugi
レジーナブックス

大判サイズ・単行本ライトノベルランキング

丸山くがね
so-bin
エンターブレイン
伏瀬
みっつばー
GCノベルズ
愛七ひろ
shri
カドカワBOOKS
カルロ・ゼン
篠月しのぶ
エンターブレイン
柞刈湯葉
田中達之
カドカワBOOKS
蝉川夏哉
宝島社
橙乃ままれ
ハラカズヒロ
エンターブレイン
馬場翁
輝竜司
カドカワBOOKS
金斬児狐
ヤマーダ
アルファポリス
澪亜
双葉はづき
カドカワBOOKS
椎名ほわほわ
ヤマーダ
アルファポリス
牧原のどか
hi8mugi
レジーナブックス
あずみ圭
松本光顕
アルファポリス
古流望
珠梨やすゆき
TOブックス

ジャンル別BESTランキング2018

「食」ラノベ

1位
犬塚惇平
エナミカツミ
ヒーロー文庫
2位
蝉川夏哉
宝島社
3位
三川みり
凪かすみ
角川ビーンズ文庫
4位
古流望
珠梨やすゆき
TOブックス
5位
はるおかりの
由利子
コバルト文庫
6位
江口連
オーバーラップノベルス
7位
EDA
こちも
HJ NOVELS
8位
川井昂
四季童子
ヒーロー文庫
9位
甘沢林檎
(11)
レジーナブックス
10位
江本マシメサ
あかねこ
宝島社

食べ物や料理をテーマにしたラノベBEST10。食事を通して、その世界や土地の文化が垣間見え、人間関係を深く描いた小説が多くみられます。読者の舌をも楽しませてくれる美味しさの広がるライトノベルです。

「妖怪・あやかし」ラノベ

1位
結城光流
あさぎ桜、伊東七つ生
角川ビーンズ文庫
2位
浅葉なつ
くろのくろ
メディアワークス文庫
3位
あざの耕平
すみ兵
富士見ファンタジア文庫
4位
葉山透
kyo
メディアワークス文庫
5位
峰守ひろかず
水口十
メディアワークス文庫
6位
ZUN
ZUN
アスキー・メディアワークス
7位
甲田学人
翠川しん
電撃文庫
8位
瀬川貴次
星野和夏子
コバルト文庫
9位
峰守ひろかず
京極しん
電撃文庫
10位
明坂つづり
白身魚
ガガガ文庫

いまや1ジャンルとして確立した妖怪やあやかしを扱った小説BEST10です。日本に古くから伝わり、日本人の心に根ざした身近な存在として受け入れられています。作者の独自解釈を加えた考察が読めるのも、妖怪・あやかしラノベの魅力です。

「異世界」ラノベ

1位
丸山くがね
so-bin
エンターブレイン
2位
榎宮祐
榎宮祐
MF文庫J
3位
長月達平
大塚真一郎
MF文庫J
4位
暁なつめ
三嶋くろね
角川スニーカー文庫
5位
伏瀬
みっつばー
GCノベルズ
6位
犬塚惇平
エナミカツミ
ヒーロー文庫
7位
内田健
Nardack
ヒーロー文庫
8位
愛七ひろ
shri
カドカワBOOKS
9位
カルロ・ゼン
篠月しのぶ
エンターブレイン
10位
蝉川夏哉
宝島社

異世界に行くラノベの人気は留まるところを知らず、アニメ化も盛んにおこなわれています。ファンタジー世界に行くタイプから『転スラ』のように人外に転生するタイプまで、多種多様な異世界が生まれつづけているジャンルです。

2018年新作ラノベ

1位
卯月みつび
藤小豆
レジーナブックス
2位
しめさば
ぶーた
角川スニーカー文庫
3位
杏亭リコ
封宝
カドカワBOOKS
4位
内藤騎之介
やすも
エンターブレイン
5位
夕鷺かのう
凪かすみ
ビーズログ文庫
6位
雪兎ざっく
麻先みち
レジーナブックス
7位
暁なつめ
カカオ・ランタン
角川スニーカー文庫
8位
夏目みや
なな
レジーナブックス
9位
守野伊音
ひむか透留
角川ビーンズ文庫
10位
江本マシメサ
まち
ビーズログ文庫

2017年11月以降発売の新作ランキング。「このラノ!2019」でも上位だった『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』がブックオフオンライン売上でも新作2位となりました。次の世代を担うラノベが集まっていますので、読んだことがない本は要チェックです。

ラノベ担当ミヤザワの2018年ベスト5

MF文庫J

「宇宙」と「夢」の物語

松山剛/珈琲貴族

2018年刊行で一番おもしろかったラノベオブザイヤー(担当者選)がこちら。胸躍る宇宙と、強い夢を描いた傑作です。SF的なアプローチから、全力疾走する青春を描いています。絶望的な状況から小さな希望に向かって道を切り拓いていく、彼らの未来から目が離せません。

ファンタジア文庫

ファンタジー戦記の傑作が登場

師走トオル/有坂あこ

心が躍るわくわくする体験ができる戦記ものの傑作。青年カレルが、自分の死を予知夢でみられる聖女セシリアと出会い、二年後に目覚める魔王に立ち向かう物語。単純な武力のぶつかりあいと、情報による国と国の水面下の戦いを描きます。つづきを読むのが待ち遠しいライトノベルです。

ファミ通文庫

読後、長く余韻にひたれる傑作

羽根川牧人/kona

2018年もっとも記憶に残ったのが、1冊完結の『俺だけが死んでいる』です。修学旅行のバス事故で一人だけ死んでしまった主人公が霊体で現れ、クラスメイトが成仏派と残留派にわかれる物語。軽快なラブコメを交えつつも、芯の部分でぶれないストーリーが物語を支えています。

ガガガ文庫

10年前に戻って新人声優のラジオを作ろう

天津向/うかみ

お笑い芸人、天津向さんのライトノベル。とてつもなく笑えるラブコメディです。クズだけどやるときは頑張れる主人公が、未来を良くしようとして失敗したり、役に立たない天使と共同生活したりしながら、少しずつ前へ進んでいきます。もしあなたが10年前に戻れたら……何をしますか?

角川スニーカー文庫

個性的な女の子たちとの楽しい日々

気がつけば毛玉/かにビーム

何でも屋を営む怠け者の貴大は、今日も無表情のメイドさんにどやされて、しぶしぶお仕事にでかける。かしましい女の子たちに囲まれながら騒がしくもゆったりした毎日を送る物語です。疲れた心に一服の清涼剤としておすすめの1冊です。

情報

ラノベ担当ミヤザワが2018年に読んだラノベからベスト5を選出しました。

ほかにこちらもおすすめです。

おにぃちゃんと一緒につくる最高のラノベ
※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。

「好き」の気持ちがあふれでる名作
俺もおまえもちょろすぎないか

お姉さんとの真剣なお付き合い
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?

青春の絶頂を描いた最強ラブコメディ
出会ってひと突きで絶頂除霊!

これぞ最高のスローライフ
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

2018年ラノベの10大ニュース

コミカライズの勢い止まらず

2017年から顕著だったライトノベルのコミカライズへの流れは、2018年も止まらず、勢いを増しながら刊行数を伸ばしています。文字媒体のラノベをビジュアル化して、原作を読んだラノベファンも、漫画から入ったコミックファンも取り入れて大きな市場に成長していきました。

26タイトルのラノベ原作テレビアニメ

一昨年の18タイトル、昨年の20タイトルからさらに増えて、多くのラノベ原作アニメが放送されました。『フルメタIV』『SAO』『禁書目録』などビッグタイトルから『りゅうおうのおしごと!』『ゴブリンスレイヤー』など勢いのある話題作に注目が集まりました。『グランクレスト戦記』『かくりよの宿飯』『転スラ』は、近年ではめずらしく2クール放送で長くメディア展開をつづけています。

ゲーム化 & 劇場版へ積極展開

SAO フェイタル・バレット』『フルメタ! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』『グランクレスト戦記』が2018年に発売になり、またラノベ原作のスマホゲーム化も数多く発表になっています。劇場版展開では、『このすば!』『幼女戦記』『青春ブタ野郎』が2019年以降に予定されており、今後の動向から目が離せません。

キーワードは「◯◯年ぶり」

スレイヤーズ』18年ぶりの新刊で売り切れ続出。『涼宮ハルヒ』5年ぶり新作書き下ろし短編が話題に。『ブギーポップ』刊行から20年の節目にアニメ化決定。『ロードス島戦記』生誕30周年記念企画。懐かしさと新しさを兼ね備えたライトノベルに、往年のファンは喜びを爆発させています。

ライトノベルと「コラボ」

料理ラノベとリアル飲食店が手を組んだり、『リゼロ』のラッピング列車が運行したり、『スレイヤーズ』のリアル謎解きゲームが開催したりと、コラボレーションイベントが盛んにおこなわれました。ラノベを読み、アパレルブランドに身を包み、作中の食べ物に舌鼓を打つことも、新たな楽しみとなりつつあります。

アニメ化中止

二度目の人生を異世界で』が著者のヘイト発言が問題視され、アニメの制作と放送が中止となりました。書籍も今後の刊行が未定となるなど、大きなニュースとして報じられました。

バーチャルYouTuberの波はライトノベル界隈にも

VTuberが爆発的な進化を遂げて、市民権を得た2018年。ラノベ愛を語るラノベ好きVTuber、書店のラノベ担当VTuber、ラノベ編集者VTuberが登場し、SNSを中心に話題はとどまるところを知りません。誰が見てもかわいい。インターネットの文化に新たな一ページを刻みました。

ネット小説プラットフォームの多様化

ライトノベル業界になくてはならないものとして成長してきた小説投稿サイトは、2018年にも新たな展開を見せてきました。小説家になろうをはじめ、オープン2周年を迎えたカクヨム、講談社が運営するNOVEL DAYS、新進気鋭のマグネット!など、それぞれ特徴を持った投稿サイトが読者を楽しませてくれます。

各レーベル新人賞が熱い

小説投稿サイトとはまた違ったフレッシュさを持って生まれる新人賞作品が熱いです。投稿作品全体のレベル底上げが進むなか、新たなラノベ作家による色鮮やかなライトノベルが刊行されています。芽吹いた才能を確かめるべく、新人賞を読み漁ってみるのもいかがですか?

年上ヒロイン・お姉さんヒロイン・お母さんヒロイン

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?』『高2にタイムリープした俺が当時好きだった先生に告った結果』『僕のカノジョ先生』など、年上ヒロインとの甘い日常を味わえるラノベが多く刊行されました。2019年には『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』のアニメ化も決まっており、年上人気は爆発寸前です。年下のバブみをこよなく愛するあなたなら、年上ヒロインの甘やかしにもとろけられるはず。ライトノベルのお姉さんを力の限りおすすめします。

10大ニュース +1
ラノベ担当ミヤザワをインタビューしていただきました

ブックオフオンラインでラノベ担当として働いているミヤザワを、ねとらぼさんにインタビューしていただきました。記事自体がラノベのおすすめ紹介にもなっているので、気になる本があったら読んでみてくださいね。

ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか - ねとらぼ
※外部サイトに移動します


ラノベ担当:ミヤザワ

2015年2016年2017年と過去のランキングを振り返ってみると、少しずつゆるやかにトレンドが移り変わっていることがわかります。一方で、一度人気になったライトノベルはずっと人気でありつづける傾向があり、昔のラノベの再評価や数年ぶりの刊行などを繰り返すことで、衰えない人気を印象づけています。2019年は復刻や復活がひとつのキーワードになるのではないかと思います。