直木賞特集

直木三十五賞とは?

通称は直木賞。単行本、各新聞・雑誌として発表された大衆文芸作品中、最も優秀なるものに呈する賞です。
※在庫に限りがありますので早い者勝ちです!中古商品のため、品切れの場合がございます。ご容赦くださいませ。
第157回 平成29年/2017年上半期

受賞

月の満ち欠け佐藤正午

青森に住む小山内堅は、7歳の少女と会うために上京する。少女は自分を、小山内の亡き娘「瑠璃」の生まれ変わりだというが……。愛する人にもう一度会いたいと願う女性の、究極の愛を描いた「生まれ変わり」がテーマの作品です。

∇候補作品

第156回 平成28年/2016年下半期

受賞

蜜蜂と遠雷恩田陸

ピアノコンクールを舞台に、優勝を目指す将来のピアニスト達の白熱した戦いを描いた青春群像小説。それぞれ経歴を持った天才たちの中で、予選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか――?ピアノの描写が見事で、めくるページが止まりません……。

∇候補作品

第155回 平成28年/2016年上半期

受賞

海の見える理髪店荻原浩

大物政治家や有名芸能人が足しげく通ったと言われる凄腕店主の営む理髪店があった。そこにある事情で最初で最後の予約を入れた「僕」。海の見える理髪店で店主と過ごす特別な時間とは――?他、大人のための“泣ける”家族小説を収録した6つの短編集。

∇候補作品

第154回 平成27年/2015年下半期

受賞

つまをめとらば青山文平

ときは江戸後期。女のように身ひとつで生きることができず、太平の世に行き場なく、人生に惑う武家の男たち。女たちの生き方を男目線で綴った物語。綺麗に並べられた文章がさらりと読みやすい時代小説です。異性の不可解さが共感できるかもしれません。

∇候補作品

第153回 平成27年/2015年上半期

受賞

東山彰良

愛すべき祖父が何者かに殺された―大陸から台湾、そして日本へと主人公のルーツをたどる謎と輝きに満ちた青春小説。友情と恋、流浪と決断、歴史、人生、そして命の物語がここにある。

∇候補作品

第152回 平成26年/2014年下半期

受賞

サラバ!西加奈子

主人公・圷歩の半生を描いた作品。一家の離散を皮切りに、親友の意外な行動、恋人の裏切り、自我の完全崩壊。絶望の渦にいた歩が最後に向かったのは、彼の人生に大きな影響を与えたエジプトの地だった―。

∇候補作品

第151回 平成26年/2014年上半期

受賞

破門黒川博行

建設コンサルタントの二宮とヤクザの桑原を主人公にした、「疫病神」から始まるハードボイルドシリーズの5作目。腐れ縁の主人公2人が、映画製作への出資金を持ち逃げした男を追い、関西とマカオを奔走!巨額の資金をめぐる争いの行く末は…!?

∇候補作品

第150回 平成25年/2013年下半期

受賞

恋歌朝井まかて

幕末の動乱期、のちに樋口一葉の歌の師匠として知られる中島歌子は、水戸藩尊王攘夷派の急先鋒・天狗党の林忠左衛門に嫁いでいた。天狗党の暴走によって過酷な運命に翻弄されることになる彼女の一生を描く。


受賞

昭和の犬姫野カオルコ

柏木イク。昭和33年滋賀県生まれ。不幸な家庭環境にあっても、それを口にだすことなく成長していくイク。そんなイクのそばにはいつも犬や猫がいた―。イクの半生を8章立てで切り取って描かれる連作長編小説。

∇候補作品

第149回 平成25年/2013年上半期

受賞

ホテルローヤル桜木紫乃

今は廃虚となった北海道釧路市のホテルを舞台に、男女の人間模様を描いた7篇から成る連作短編集。恋人から投稿ヌード写真撮影に誘われた女性店員、妻の浮気に耐える高校教師、働かない年下の夫を持つホテルの清掃係…それぞれに問題を抱える人たちの「生」をリアルに描いた物語。

∇候補作品

第148回 平成24年/2012年下半期

受賞

何者朝井リョウ

大学生ならば、ほとんどの人が経験する就職活動。自分を生き抜くために必要なことは何か。影を宿しながら光を探る就活大学生の切実な歩みを描いた長編小説。就活に励む学生、就職活動をしてきた社会人にもおすすめの作品です。


受賞

等伯(上)(下)安部龍太郎

大志を抱いて故郷能登を離れ、都に出て天下一の絵師になる――。長谷川等伯の波乱万丈の人生とはいったいどのようなものなのか。弱肉強食の戦国という激動の時代を生き抜いた絵師の物語。

∇候補作品

第147回 平成24年/2012年上半期

受賞

鍵のない夢を見る辻村深月

泥棒、放火、誘拐…と、5つの各編ごとに「犯罪」をテーマにしてまとめた短編集。結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。現代の地方の閉塞感を背景に、ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女性は岐路に立たされる―。

∇候補作品

第146回 平成23年/2011年下半期

受賞

蜩ノ記葉室麟

幽閉先での家譜編纂と10年後の切腹を命じられた男。命を区切られた男の気高く凄絶な覚悟を穏やかな山間の風景の中に謳い上げる時代小説。号泣せずに読むことはできない、感動の一冊です。

∇候補作品

第145回 平成23年/2011年上半期

受賞

下町ロケット池井戸潤

研究者の道を辞し、男が築き上げた佃製作所。資金繰りに苦しみながらも大企業と張り合い、自社製品が採用された小型ロケットを飛ばそうと奮闘する。かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、そして男たちの意地とプライドを賭した戦いが今、ここに!

∇候補作品

第144回 平成22年/2010年下半期

受賞

漂砂のうたう木内昇

明治十年。時代から取り残され、根津遊廓に巣食う男と女の身に降りそそぐのは、絶望の雨か、それとも…。変わりゆく時代に翻弄されながら、谷底で生きる男と女を描く長編小説。


受賞

月と蟹道尾秀介

転校以来、同じ引越し組の春也と行動を共にしていた慎一。ある日、二人はヤドカリを神に見立てて願いごとをする遊びを思いつく。すると、願った通りの出来事が現実になり―。

∇候補作品

第143回 平成22年/2011年上半期

受賞

小さいおうち中島京子

赤い家に住む、若く美しい時子奥様と過ごした女中奉公タキの記録。60年以上の時を超えて語られなかった想いは現代によみがえる。タキの秘密の想いとは…。

∇候補作品

第142回 平成21年/2009年下半期

受賞

廃墟に乞う佐々木譲

北海道警察本部操作一課の敏腕刑事だった仙道孝司は、ある事件をきっかけに療養中の身。やっと回復してきた仙道に、次々とやっかいな相談事が舞い込む。


受賞

ほかならぬ人へ白石一文

明生の人生から見える、愛するべき真の相手はどこにいるのだろう…。「ほかならぬ人へ」と「かけがえのない人へ」の二編が収録された文芸作品。

∇候補作品

第141回 平成21年/2009年上半期

受賞

鷺と雪〜ベッキーさんシリーズ北村薫

女子学習院に通う士族令嬢・花村英子と女性運転手・ベッキーさんが活躍するベッキーさんシリーズの最終巻。昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。

∇候補作品

第140回 平成20年/2008年下半期

受賞

悼む人 上下巻天童荒太

全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼はなぜ無関係な人々の死を悼むのか。なぜ旅をするのか。生と死が交錯する至高の愛の物語。


受賞

利休にたずねよ山本兼一

刀の抜き身のごとき鋭さを持つ若者が恋に落ちる。千利休は、己の美学だけで時の権力者・秀吉と対峙し天下一の茶頭に上り詰めるも、やがて秀吉と対立し切腹を命じられる。

∇候補作品

第139回 平成20年/2008年上半期

受賞

切羽へ井上荒野

夫と穏やかで幸福な日々を送るセイの前に一人の男が現れる。彼に惹かれていくセイ。夫を愛しているのに―。やがて二人は、これ以上は進めない場所へと向かってゆく。

∇候補作品

第138回 平成19年/2007年下半期

受賞

私の男桜庭一樹

家族を失った小学四年生の花は、遠縁にあたる淳悟に引きとられ取り親子となる。それからずっと二人だけで生きてきた。そこには誰にも知られてはならない罪と愛が秘められていた―。

∇候補作品

第137回 平成19年/2007年上半期

受賞

吉原手引草松井今朝子

十年に一度の出現、吉原一を謳われ全盛を誇った花魁葛城が忽然と姿を消した。一体何が起こったのか?失踪事件の謎を追いながら、隠されていた真実が明らかになっていく…。

∇候補作品

第136回 平成18年/2006年下半期

受賞

該当作品なし

∇候補作品

第135回 平成18年/2006年上半期

受賞

まほろ駅前多田便利軒三浦しをん

東京から神奈川へ突き出るようにある街“まほろ”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。経営者である多田啓介の元へ行天春彦という男が転がり込んできて!?。


受賞

風に舞いあがるビニールシート森絵都

犬のボランティアのために水商売のバイトをしたり、才能豊かなパティシエの気まぐれに奔走させられたり…お金よりも大切な何かのために懸命に生きる6つの物語。

∇候補作品

第134回 平成17年/2005年下半期

受賞

容疑者Xの献身
〜探偵ガリレオシリーズ〜
東野圭吾

天才と呼ばれるほどの数学者・石神は、一人娘と暮らす隣人の花岡靖子に想いを寄せていた。靖子とその娘が前夫を殺害したことを知り、二人を救うため完全犯罪を企てるが―。

∇候補作品

第133回 平成17年/2005年上半期

受賞

花まんま朱川湊人

幼い妹が、ある日突然大人びた言動を取り始める。『誰かの生まれ変わりだと言い出したとしたら―』。大阪の路地裏を舞台に新進気鋭の著者が描く六篇の不思議な世界。

∇候補作品

第132回 平成16年/2004年下半期

受賞

対岸の彼女角田光代

専業主婦の小夜子とある会社の社長・葵。性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのだろうか?多様化した現代を生きる女性の友情と亀裂を描く傑作長編。

∇候補作品

第131回 平成16年/2004年上半期

受賞

空中ブランコ奥田英朗

悩める患者たちが訪れる伊良部総合病院の神経科。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖があり…?笑って楽しめる「精神科医伊良部シリーズ」第2弾!


受賞

邂逅の森熊谷達也

マタギを誇りに思う富治は、地主の一人娘と恋に落ち村を追われる。鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず…自然に対する畏敬の念あふれる感動の物語。

∇候補作品

第130回 平成15年/2003年下半期

受賞

号泣する準備はできていた江國香織

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、寂しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから―。男との別離の哀しみ、絶望と同居する女性を描いた表題作の他、濃密な江國香織の世界に浸れる全12篇。


受賞

後巷説百物語
〜巷説百物語シリーズ〜
京極夏彦

明治十年。巡査の矢作剣之進らは、ある島の珍奇な伝説の真偽を確かめるべく隠居老人・山岡百介を訪れた。百介は、昔体験したという不思議な話を語り始め…。

∇候補作品

第129回 平成15年/2003年上半期

受賞

4TEEN フォーティーン石田衣良

木造の長屋ともんじゃ焼きとスカイラインを切り取る超高層マンションが調和して共存する町・月島。ここで僕たちは恋をし、傷つき、死と出会い、大人になっていく。出会ったすべてを受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた青春ストーリー。


受賞

星々の舟村山由佳

禁断の恋に悩む兄妹、他人の恋人ばかり好きになる末娘、自分の居場所を見出せないでいる長男、戦争の傷痕を抱え生きてきた父。家族の一人一人を主人公にした連作短編集。

∇候補作品

第128回 平成14年/2002年下半期

受賞

該当作品なし

∇候補作品

第127回 平成14年/2002年上半期

受賞

生きる乙川優三郎

恩を受けた主君が病死し、追腹を切ろうと覚悟していた武士はそれを家老に止められる。身内や家中の非難の中、生き続けた彼が晩年見た景色とはいったい―。

∇候補作品

第126回 平成13年/2001年下半期

受賞

あかね空山本一力

京から江戸に下った豆腐職人永吉と深川育ちの娘おふみ。味覚の違いなどで苦労しながら表通りに店を構える。夫婦と子供たち2代に渡る愛情と葛藤の月日を描いた時代小説!


受賞

肩ごしの恋人唯川恵

結婚3回目、自称鮫科の女「るり子」と 恋にのめりこむことが怖い「萌」。この対照的な二人が恋と友情を通してそれぞれに模索する“幸せ”のかたち―。

∇候補作品

第125回 平成13年/2001年上半期

受賞

愛の領分藤田宜永

妻に先立たれた男と不倫相手の自殺を経験した女。過去の事実、秘密。愛を信じられない男と女。それでも出会ってしまった彼らの運命とは…。

∇候補作品

第124回 平成12年/2000年下半期

受賞

プラナリア山本文緒

乳ガンの手術を終えた春香。以来、何もかも面倒くさく社会復帰に興味が持てない。この洞窟の出口はどこにある?現代の「無職」をめぐる心模様を描いて共感を呼んだ短編集。


受賞

ビタミンF重松清

(F)で始まるさまざまな言葉を、個々の作品のキーワードとして埋め込まれた「家族小説」の最高峰。人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。

∇候補作品

第123回 平成12年/2000年上半期

受賞

虹の谷の五月 上下巻船戸与一

フィリピンのセブ島に祖父と暮らす13歳のトシオ。丸い虹がかかる谷をめぐり、彼はゲリラの抗争に巻き込まれていく―。少年の成長物語に託して巨匠がおくる冒険小説巨編。


受賞

GO金城一紀

在日朝鮮人から在日韓国人に国籍を変え、民族学校ではなく都内の男子高に入学した“僕”。ある日、ダンスパーティーで日本人の女の子に出会い恋に落ちる。そして…。

∇候補作品

この特集に関するご意見・ご感想はTwitterからどうぞ!
取り上げてほしい特集や作品のリクエストなどもお待ちしております。
ツイッターでコメントする

他の特集もチェック!

  • 時代小説シリーズ
  • 2004年〜2012年本屋大賞特集
  • 2000年〜2011年受賞作品 芥川賞特集