企業のCSR活動 支援事例

CSR活動支援レポート 参加企業一覧

CSR支援プログラムのご案内
  • ボランティア宅本便とは?
  • CSRでお悩みですか?
  • こんなことできる?
  • 参加企業さまの声

現在まで、計50社の企業さまにご参加いただいております。

参加企業さまの声
従業員さま参加型
国内外約160社とグローバルに事業を展開をしている帝人株式会社さまでは、帝人グループの拠点がある開発途上国への支援を行うために、全国の従業員さまが参加可能なボランティア宅本便を採用。1人1冊から気軽に参加できることから、従業員さまの賛同も得やすく、毎年継続して実施できるプログラムとなりました。
従業員さま参加型
従業員さまが「本、CD、DVD」などを会社にお持ちいただき、社内の回収場所までブックオフオンラインが集荷。買取金額はセガサミー様へ入金させていただき、「絵本を届ける運動」(日本で出版されている絵本に翻訳文を印刷したシールを貼り付け、アジアの子ども達へ贈る)へ役立てていただいております。
従業員さま参加型
「コカ・コーラ」「アクエリアス」等の清涼飲料水の製造販売を手掛ける東京コカ・コーラボトリングさま。東日本大震災の被災地支援活動「いわてを走る移動図書館プロジェクト」へ全事業所が一丸となって参加。営業部門とCSR部門が、セクションの垣根を越えて「協働」で取組んだ事例として、社内・社外にて大きな反響を呼びました。
従業員さま参加型
日本を代表する総合商社である三菱商事株式会社は、東日本大震災の発生以降、様々な形で支援活動を実施。その中で「社内で出る不用品で被災地支援ができないか?」という社内意見があり、ボランティア宅本便を採用。本社だけでなく支社や社員の自宅からも不用品の無料回収を受け付け、予想を上回る参加者数となっています。
従業員さま参加型
人材サービスを展開しているマンパワーグループ株式会社では、新たなCSR活動の実施を検討しながら、拠点が全国に点在するため「地域的な制約」が悩みとなっていました。そこで、コストや時間をかけず全国展開が可能な「ボランティア宅本便」を採用し、活動の定着に成功しています。
従業員さま参加型
情報サービス事業で業界最大手の株式会社NTTデータは、従来から「社内で本を集めるCSRイベント」の参加率がいまひとつ伸びない状況があったところへ「ボランティア宅本便」を採用。最大のネックであった「従業員が自宅から本を持ってくるのが大変」という悩みを一気に解消し、実績が大幅に向上しました。
従業員さま参加型
「お役立ち企業」のキャッチフレーズで人々の毎日の生活を支えるナックさまは、自宅にあるモノでできる手軽な社会貢献として「古本・中古ソフト」を寄付金に活用できるボランティア宅本便を導入。従業員の皆様の確実な結集参加で、寄付先への継続的な支援を実施されています。
従業員さま参加型
がん保険のパイオニアであるアフラックさまは、東日本大震災を風化させない活動として、全国の社員の誰もが参加できる社会貢献を模索していたところ「ボランティア宅本便」を知り、即導入。支援活動の輪が一気に広がりました。
従業員さま参加型
スコットランド・ポンドの発行で有名なロイヤルバンク・オブ・スコットランドの日本事業を支える東京支店さまは、拘束や労力を必要とせず「気軽に楽しく」参加できる社会貢献活動を実施したいと考え、ボランティア宅本便を採用して目的を達成。社内からも大きな反響を呼ぶことができました。
従業員さま参加型
モバイル向けサイト、アプリ、着メロなどを制作しているモバイルファクトリーさまでは、従業員さまの部活動が盛ん。中でも「図書部」では、本やCDを社内の「ライブラリ」に寄贈し「良いものを共有する」文化が定着しています。その社風を生かした社会貢献活動として、ボランティア宅本便を採用いただきました。
従業員さま参加型
住宅の建築、販売を中心に、リゾートホテル・ビジネスホテル・ゴルフ場・ショッピングセンターなどの幅広い事業を展開している大和ハウス工業株式会社さまでは、従業員さまとともに、お客さまもご参加いただける方式で活動を行いました。お引越しで出た不要な本などを無料で集荷できるため、大和ハウスさまの強みを活かした支援となりました。
従業員さま参加型
葬儀、墓石、仏壇など、仏事に関する安心のサービスを提供しているメモリアルアートの大野屋さま。社員さま参加型のイベントにて、お持ち寄りいただいた不要な本などで「社内チャリティオークション」を開催しつつ、「ボランティア宅本便」をご利用いただきました。継続したご活動で、東日本大震災の被災地支援を行っています。
従業員さま参加型
総合的な水処理サービスを提供しているヴェオリア・ウォーター・ジャパンさまでは、社内での大掃除の際に出てきた、たくさんのご不要な本をきっかけにボランティア宅本便を採用いただきました。従業員さまの不要な本も一緒に回収することで、社内全体での活動に。グループ会社さまもご参加いただき、予想を上回る量の本が集まりました。
従業員さま参加型
情報通信システムの機器および部品の開発、製造および販売を行うサクサホールディングスさま。グループ会社の皆さまでご参加いただき、寄付としてだけではなく、環境活動の一環にもなっているとご好評をいただいております。毎年、継続的に実施いただくことで社内での認知度もアップ。社内での恒例行事となりました。
お客さま参加型
東日本大震災にて被災した大槌漁港へ、「瀬谷丸」という漁船を贈るために設立された有志の委員会、「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員。横浜市瀬谷区を中心に、主に募金活動を行っておりましたが、ご寄付の選択肢を増やすためにボランティア宅本便をご採用いただきました。目標の寄付金額を達成し、被災地へ立派な漁船を贈呈されました。
学校参加型
創立137年。右手に「元気」、左手に「笑顔」、心に「強さとやさしさを」がモットーの東京都杉並区立 高井戸小学校さま。子どもたちとともに「親子タグラグビー教室」のイベントを通して、自分たちも笑顔に、また東日本大震災の被災地の方々にも笑顔を届ける支援を実施。気軽に寄付が行えるだけではなく、ご参加いただいた親子の皆さまの絆も深める、すばらしい被災地支援イベントになりました。
従業員さま参加型
自動車交通の大動脈である東名、新東名や中央道などの交通管理・道路管制等の業務をおこなっている、中日本ハイウェイパトロール東京さまでは、各基地で24時間交代制の業務をおこなう中、どのようにCSR活動を実施するかが課題でした。ボランティア宅本便をご採用いただくことで、各基地での忙しいご勤務の合間でも、活動を実施することが可能となりました。
従業員さま参加型
PDFやAdobe® Photoshop®などのソフトウェア製品を提供しているアドビ システムズさま。毎年、古着や雑貨などのリサイクルボランティアをおこなっていますが、寄贈先の団体へ送付する際の送料がネックとなっていました。そこで、無料集荷が可能な企業ボランティア宅本便をご採用いただき、社内の模様替えの時期に合わせて活動を実施することで、オフィスの整理・美化にも成功しました。
従業員さま参加型
世界140カ国以上で事業を展開し、革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しているMSD株式会社さまは、以前より古本のチャリティーバザーなどで被災地支援をおこなっておりましたが、コストなどの負担が大きいことが課題となっていました。企業ボランティア宅本便を利用することで、送料無料で全国の拠点へ集荷が可能となり、コストをかけずに全社的な活動がおこなえるようになりました。
お客さま参加型
マンションの総合管理をおこなっている三井不動産レジデンシャルサービスさまでは、管理物件での実施イベントとしてボランティア宅本便を採用。マンションにお住まいの皆さまが、不要品の処分感覚で気軽にご参加できるイベントとして実施いただいております。買取金額は東日本大震災の義援金として、継続的な支援をおこなっています。
従業員さま参加型
オフィス用品通販の「たのめーる」をはじめ、システムインテグレーション事業・サービス&サポート事業をおこなっている大塚商会さまでは、日頃より、ベルマークやボトルキャップ回収など、身近なものを回収する社会貢献活動を実施されています。今回は「本・CD・DVD・ゲーム」の回収を対象とした企業ボランティア宅本便を導入することにより、さらに活動の幅を広げることが可能となりました。
お客さま参加型
東海地方を中心にモール型ショッピングセンターをはじめ、全47都道府県で事業を展開する総合小売グループのユニー株式会社さま。店舗でのイベントとして「ボランティア宅本便」をご採用いただくことで、お客さまに不要品の処分感覚で気軽にご参加いただくことができるボランティアイベントの実施が実現しました。また、ご参加いただいたお客さまへの「お礼」をご用意する事で、より「参加したくなる」イベントとして、お客さまに大変ご好評をいただくことができた取り組みとなりました。
従業員さま参加型
総合海運企業の株式会社商船三井さまでは、コンテナ船での無償輸送など本業を生かした社会貢献活動を続けてこられました。東日本大震災の発生時には客船ふじ丸を岩手県に派遣、被災者に温かい食事などを提供する支援航海を実施されました。
創業130周年を迎えた2014年には、「ボランティア宅本便」を利用して役職員から本の寄付を受け、その売却金で被災地の中学校に本や図書券を寄贈。併せて、海上職員によるキャリア教育支援のための講義を実施なさいました。
従業員さま参加型
自動火災報知設備、消火設備などの防災システムを、研究-開発-生産-施工-保守まで一貫した責任体制で行っているトップメーカーの能美防災さまでは、2011年にボランティアチーム「東北応援隊」を立ち上げ、東日本大震災の被災地支援活動を行ってきました。その活動の一環でボランティア宅本便を採用。従業員の皆さまに気軽にご参加いただき、ボランティアに対する考え方や取り組み方の向上につながりました。

お気軽にお問合せください
その他の参加企業さま
■従業員さま参加型
  • ソニー株式会社
  • 合同会社西友
  • 株式会社電通
  • 阪急阪神ホールディングス株式会社
  • 株式会社ナック
  • 株式会社レオパレス21
  • 株式会社インテリジェンス
  • 日本クラフトフーズ株式会社
  • チャーティス・ファー・イースト・ホールディングス株式会社
  • 株式会社アイエスエフネット
  • NTT西日本
お気軽にお問合せください
  • ボランティア宅本便とは?
  • CSRでお悩みですか?
  • こんなことできる?
  • 参加企業さまの声