企業のCSR事例

東京都杉並区立 高井戸小学校さまの企業CSR導入事例をご紹介いたします。

CSR支援プログラムのご案内

現在まで、多数の企業さまにご参加いただいております。

導入事例 INTRODUCTION

「参加企業さまの声」の一覧に戻る

東京都杉並区立 高井戸小学校さま

東京都杉並区立 高井戸小学校タグラグビーで元気になって、いらなくなった本やCDで笑顔を届ける。

創立137年。右手に「元気」、左手に「笑顔」、心に「強さとやさしさを」がモットーの東京都杉並区立 高井戸小学校さま。
子どもたちとともに「親子タグラグビー教室」のイベントを通して、自分たちも笑顔に、また東日本大震災の被災地の方々にも笑顔を届ける支援を実施。

気軽に寄付が行えるだけではなく、ご参加いただいた親子の皆さまの絆も深める、すばらしい被災地支援イベントになりました。

「ボランティア宅本便」へのお問合せはこちらお問合せフォーム

ご担当者さまインタビュー 〜お話をうかがいました〜

導入の背景

被災地を支援するためには「まず自分たちが笑顔で元気でいることが大切」

東日本大震災後、高井戸小学校の子どもたちは、6年生が中心となって何度も積極的な募金活動をしてきました。
今年度は募金以外のボランティア活動などを授業で学び、「小学生でも被害にあわれた人たちのためにできることは何か」を学校内で考え、実践してきました。
その中で学んだことは「まず自分たちが笑顔で元気でいることが大切」ということでした。

「キズナ☆つながる計画」は、学校で取り組んでいるタグラグビーのイベントに親子で参加し、いらなくなった本やCDが被災地の人への支援になるというピッタリのプログラム企画。
子どもたちが今すぐできることをしながら、自分たちも元気になることができるということで、昨年に引き続き、今年も参加させていただくことにしました。

※「キズナ☆つながる計画」の詳細はこちら


そこで提案!
「親子タグラグビー教室」の参加者から本を集めたいという高井戸小学校さまには、「イベント回収式」を提案しました。
学校などのイベント開催場所に本やCDを持ち寄っていただき、集まったあとにブックオフオンラインが学校への集荷を手配する仕組みです。

寄付先について

被災地の移動図書館を応援する。

冒頭でも記載したとおり、高井戸小学校では東日本大震災の被災地支援のために募金活動を行ってきました。
しかしながら募金活動には限界もあり、被災地へ送られる義援金についても、どのように活用されているのかわかりづらい部分もありました。

そのような中、今回の「キズナ☆つながる計画」を企画してくださったカーディフ生命保険、カーディフ損害保険さんより「いわてを走る移動図書館プロジェクト」の存在を教えていただき、寄付先として選択いたしました。
被災地の方々のお手元に直接届けられる支援として、子どもたちにもわかりやすい内容でした。

導入のプロセス

「親子タグラグビー教室」のイベントを通じて呼びかけ。

昨年このプログラムに参加した際は、本やCDを集める期間が短かったことと、告知が十分でなかったとの反省もあり、今回はチラシを作成し、イベントと本やCDを集める呼びかけを各家庭に届くように配布しました。

また、イベントに参加できない方のために、イベント前後2週間ほどの期間を設け、校内のランチルームに本やCDを持ち寄る方式もとりました。
近隣の地域住民の方への呼びかけも行っています。

導入の効果

寄付だけでなく、親子のコミュニケーションも図ることができた。

イベント当日は、約40名の親子の参加があり、大人と子どもが一緒のチームでプレーをする楽しさを満喫できました。
「日常の家庭とは一味違った関係性が築けた」「なかなか一緒に体を動かすチャンスのない父と子のコミュニケーションが図れた」との声も聞かれ、大好評でした。

本やCDは、ランチルームへの持ち込みと、ブックオフオンラインさんによる自宅集荷を含めて846点、合計45,062円の寄付金となりました。

ご感想(校長 鶴巻景子さまより)

子どもたちと一緒に成長していけるような「長い支援」を。

このプログラムの良い点は、不要になった本やCDなどが役に立つというだけでなく、それを買い取っていただいた金額に10%上乗せをして、被災地の方が今欲しいと思っている本の購入資金になることです。
プロの手を通して、しっかり有効利用してもらえることが見えるのがすばらしいと思います。

高井戸小学校の子どもたちも本が大好き。読書は気持ちがなごみ、心が育つ大切なものです。

被災地の子どもたちとも本を通じてやさしい気持ちをわけあうことができ、ともに成長していけるような長い支援″を続けていきたいと思っています。

ご感想(学校支援本部事務局さまより)

子どもたちの「役に立ちたい」と思う気持ちを大切に。

学校や子どもたちの「役に立ちたい」という気持ちにピッタリ寄り添うプログラム。
参加者からは親子での会話の機会にもつながったとのうれしい話も聞いています。

カーディフ生命保険、カーディフ損害保険さんやブックオフオンラインさんのサポートがあることで可能になりました。とても感謝しています。


「ボランティア宅本便」へのお問合せはこちらお問合せフォーム

東京都杉並区立 高井戸小学校さま 概要 (2013年3月現在)

URL:http://www.suginami-school.ed.jp/takaidoshou/

創立137年、杉並区で最も歴史のある小学校です。右手に「元気」、左手に「笑顔」、心に「強さとやさしさを」がモットー。児童数587名が、3年前に新築されたピカピカの校舎、オープンスタイルの教室で学び、また、広くてきれいな芝生の校庭で思いっきり体を動かしています。

東京都杉並区立 高井戸小学校

「参加企業さまの声」の一覧に戻る