もう一度読みたい懐かしの長編名作コミックを総巻数別でご紹介

あの頃読んだ作品、読みたかったけど見逃していた作品が見つかります。

懐かしの長編名作コミックを全巻一気読み!特集

もう一度読みたいあの作品、結局読み逃してしまっていた作品を読もう!

20巻超え

荒川弘

錬金術が存在する架空の世界を舞台としたハイ・ファンタジー漫画。エルリック兄弟は、幼い頃に自ら失った体を取り戻す為、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。旅先々で現れる敵に苦戦しながらも、兄弟は絆を深めながら元の体に戻る方法を探し続ける…。

和月伸宏

「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客緋村剣心が、ある出来事から「不殺(ころさず)」を誓い、仲間との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵たちとの戦いを通じて、新たな時代での生き方を模索していく・・・殺陣シーンや個性豊かなキャラクターや独特のストーリー展開が今なお数多くの作品に影響を与えています。

小畑健/大場つぐみ

高い画力を持つ中学3年生の真城最高(ましろ もりたか)は、ある日些細な出来事をきっかけに、クラスメイトで原作家志望の高木秋人(たかぎ あきと)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めは拒絶していたが、片思いのクラスメイト亜豆美保と、「アニメ化したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志す。

朝基まさし

TVドラマ化もされたサイコサスペンス。物や人に触れるとそれに残った過去の記憶の断片を読み取る、サイコメトリー能力を持つ高校2年生の主人公、明日真映児(あすまえいじ)が、警視庁捜査一課の敏腕、女性刑事・志摩亮子と協力して怪事件を次々と解決していく・・・。

浦沢直樹

1970年前後、夢と希望で溢れていた時代、あの頃、彼らは少年だった。少年たちが空想した未来。地球滅亡をもくろむ悪の組織に、正義のヒーローとその仲間たちは立ち向かい、地球を救う。少年たちはそのストーリーを"よげんの書"と、名付けた。そして1997年。人類は滅亡する。20世紀を生きてきた少年達の最後の冒険が始まる!

二ノ宮知子

異色「クラッシック音楽」コミック。指揮者を目指すエリート音大生・千秋真一は、将来を思い悩む日々を送っていた。自暴自棄になっていたある日、「のだめ」と出会ったことから、音大の変人たちとともに音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を一歩一歩切り拓き始める。登場人物のそれぞれが成長していくドタバタラブコメディの大傑作。

武論尊/池上遼一

「三国志」の劉備玄徳は倭人だった―!類を見ない設定で紡がれる「超・三国志」。倭人の燎宇は、単身大陸に渡り、偶然出会った残忍非道な劉備を殺害し、これに成り代わって「覇」を目指す。随所に三国志ファンには驚きの設定が盛り込まれているので、注目しながら読みたい作品。

30巻超え!

稲田浩司

国民的人気ゲーム「ドラゴンクエストシリーズ」をオリジナルストーリーで漫画化。勇者に憧れる少年ダイが、打倒魔王軍を誓い、様々な出会いと戦いを経験しながら真の勇者へと成長していく。愛や友情、努力、勝利・・・といったテーマが盛り込まれ、心震えること間違いなしの作品です。

鳥山明

国内累計1億5千万部超えの大人気作。ドラゴンボールをめぐる大冒険活劇、天下一武道会、サイヤ人の襲来、宇宙の帝王フリーザとのバトルなどで人気を博し、「ジャンプ黄金時代」を担った。現在も新作アニメが作られるなど、世代を超えて親しまれている。

40巻超え!!

藤子・F・不二雄

言わずと知れた世界的人気コミック。てんとう虫コミックス版の全45巻は作者である藤子・F・不二雄先生自らの自選集で、話の収録順などにもこだわって作られている傑作全集となっている。発表された全作品が収録されている「藤子・F・不二雄大全集」版も発売中。

50巻超え!!!

岸本斉史

海外でも人気が高い忍者漫画。忍頭(しのびがしら)を目指す少年、うずまきナルトが仲間達と一緒に、他国の忍達と戦いを繰り広げる中、一人前の忍として成長していくストーリー。過去の忍者漫画とは一線を画しており、派手な忍術アクションや各キャラクターの個性が生き生きとして描かれている点が魅力的。

久保帯人

ひょんなことから死神の力を手に入れ、悪霊の退治者(死神)になってしまった高校生・黒崎一護が、「死神」の力で虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊とバトル!尸魂界編から一気に人気絶頂に。個性的なキャラクターも魅力の一つで、尸魂界編で登場した護廷十三隊隊長格の死神たちの人気は絶大。バトルの連続ながらそれぞれに見せ場があって楽しめる。

満田拓也

主人公・茂野吾郎の野球人生の物語。成長に応じて彼の所属チームが変遷していく中、吾郎の野球に対する情熱がチームメイトの心を動かし、弱小チームが一丸となって前進していく展開が魅力的です。「友情」や「努力」といった普遍的なテーマに加え「家族」「逆境」も重要なテーマ。実在するプロ球団をモデルとした球団が登場するなど読み応えも充分です。

100巻超え!!!!

秋本治

2016年、惜しまれつつも40年間の連載に幕を閉じた、国民的長寿コミック。東京の下町を舞台に、並外れた体力を持つ警察官・両津勘吉が巻き起こすドタバタ騒動を描く。時事ネタも多く盛り込まれており、その長い連載期間における「時代の流行」を追ってみるのも楽しみ方の一つ。